自律神経失調のなりやすさ

はな薬局

0721-23-8012

〒584-0025 大阪府富田林市若松町西1-1886-3
トトロッソレジデンス 1F

営業時間 10:00~19:00 
定休日 水曜日・日曜日・祝日

自律神経失調のなりやすさ

コラム

2018/02/02 自律神経失調のなりやすさ

自律神経が失調しやすくなる要因には、性格・体質・ストレス・生活習慣・ホルモンの偏りがあります。

この中のホルモンのバランスが乱れやすいのが更年期です。

 

もともと神経質で繊細な方、

外部からの刺激に過敏なアレルギー体質の方、

体力がなく、なにかと弱い虚弱体質の方、

肉体疲労や精神疲労などストレスの多い方、

偏食や喫煙、飲酒などの偏った生活習慣をお持ちの方、

このような方は、自律神経の失調をきたしやすいと言われています。

もともとこのような素因を持っていると、更年期にホルモンバランスの乱れが起こった時に、自律神経の失調をきたしやすいです。

 

これらの要因は、肝への影響が大きいという点が共通しています。

肝は、ホルモンや自律神経の調整の働きをしているので、肝への負担が大きいと、この働きが低下します。

 

これらの要因の軽減とともに、肝のケアが重要です。

 

あわせて、参考にしてください。はな日記『疲労物質』

TOP